福井の収益物件の特徴をご紹介します

2017年5月現在における福井市の人口は約26万5千人、県庁所在地である事からも県内最大の人口を持ちます。最近は市内の物件を購入して不動産投資を考える人も多くなっていますが、投資を行う物件を購入する人以外にも、両親などが住んでいた家を解体し、そこにアパートを建築してアパート経営を行う人なども少なくありません。土地の有効活用として、アパートやマンションを建築する場合、賃貸物件を建築する事からも固定資産税における軽減措置を受けられるなどの理由から不動産投資を考える人も多いのですが、土地を持っていない人が不動産投資を行う場合には、市内にある収益物件を購入する事で不労所得を得る事が出来るようになります。尚、市内の投資用物件はアパートやマンションなどの物件がありますが、マンションなどの場合は1棟買い物件と1室だけを購入出来る物件が用意してあります。

予算に合う物件を検索する事が出来ます

福井市内で収益物件を探す時には投資用物件を用意している不動産会社を見つける事がスタートとなります。一般的な不動産会社の中にも投資に最適な物件紹介が可能な会社もありますが、一般的な不動産会社の場合、取り扱う物件の多くが賃貸アパートやマンション、中古一戸建てや中古マンション、土地物件などであり、投資として利用出来る物件の取り扱い件数は少なくなります。その点、投資用物件を専門にしている不動産会社の場合には予算に合う物件を紹介して貰う事が出来ますし、最近はインターネットで物件検索が出来るので、自宅にいる時などパソコンを利用して市内の投資用物件を見つける事が出来ます。尚、市内の物件にはアパートやマンションなどの物件種別があると同時に、マンションなどの場合は一室だけを販売しているケースもあります。

アパートは一棟買い、マンションは一室買い

福井市の収益物件の中には駅から近い場所にあるマンションやアパートなどの不動産もあります。駅から近い事で利用する人の数が多くなるので、空室対策にも効果を持ちます。駅から近い物件は土地価格が高くなる分、値段も高くなりますが、福井市の収益物件はアパートやマンションの一棟買いだけではなく、マンションの1室だけを購入出来る物件もあります。マンション一棟ともなると、高額な資金が必要になりますが、マンション1室だけであれば予算に合う物件が数多くあるので、予算が少ない人でも投資がしやすい、しかも駅近くの物件なので借り手が付きやすいなどの魅力もあります。ちなみに、マンション物件を選ぶ時にはファミリータイプと単身者向けのワンルームタイプなどの選択肢がありますが、近隣エリアに大学などがある場合にはワンルームタイプを選ぶのがお勧めです。