福井で収益物件を探す人が増えています

福井県は合繊織物を中心とした繊維産業が盛んな地域で、その他、機械産業や眼鏡産業なども行われています。また地方都市の不動産の方が、利回りが良いことから、収益不動産に投資する人も近年、増えています。この収益不動産とは、家賃収入を得るために購入する不動産のことです。収益物件とも呼ばれており、管理さえしっかりしていれば、賃貸経営で定期的に運用益が得られるので、投資方法として人気があります。さらにマンションのような住居だけでなく、事務所やテナントとして貸す物件も収益不動産です。特に事務所系ならオフィスビルのオーナーとなり、主に法人に物件を貸すことになります。法人は長期にわたって借りることが多いので、安定した収益が見込めます。また店舗や倉庫として物件を貸す場合がテナント系です。

収益は物件の利回りに左右される

福井県で収益物件を購入する際、一括払いではなく、金融機関から融資を受けるケースがよくあります。その場合、物件の利回りも審査の対象になるので注意が必要です。利回りが高いと収益も上がるため、その分審査にも通りやすくなります。また利回りが良ければ、それだけ返済も楽です。ただしマンションやアパートなどの住居系は、必ずしも利回りが高いわけではありません。事務所に比べて空室になることが多いので、購入する前に十分検討する必要があります。その点、法人相手の事務所系なら空室になるリスクも低く、ランニングコストも抑えられるのでおすすめです。またなるべく空室にならないために、セキュリティやメンテナンスの点で優れていることを、借り手に十分アピールすることが大切です。

地方都市の不動産は利回りが良い

地方都市の収益物件は、東京のような都会と比較して利回りが高いというメリットがあります。例えば福井県の物件の中には、満室想定利回りが1割を超えるものもあり、話題になっています。さらに都会に比べて、地方都市では土地価格が相対的に低くなるため、建物価格を高く設定できるのが特徴です。その他、減価償却費を多く計上できるので、多くの投資家に喜ばれています。注意点として、テナント系の物件の場合は飲食店などに貸すことがよくありますが、特殊な店舗に貸した場合、閉店後に次の入居者がなかなか決まらないということが起こりがちです。長期にわたって収益を上げていくには、空室になりにくいことが重要なので、特殊なテナント用の物件の場合は、よく考えてから購入するようにします。