収益物件は福井で探すのがおすすめです

福井市は県庁所在地であり、市の人口は2017年5月時点で約26万5,000人、2000年以降はわずかの人口減少がありますが、極端に人口が減少していないのが特徴です。そのため不動産物件も活性化が行われており、不動産投資に最適な物件を多く持つエリアなどからも、投資に最適なエリアと考える人も少なくありません。市内の投資物件はいわゆる収益物件と呼ぶもので、人が住むためのマンションやアパート物件を初め、最近注目を集めている太陽光発電に最適な土地物件などもあります。太陽光発電の場合は、日当たりの良い土地を確保する事、許可を得た上でソーラーパネルを設置すれば、発電事業としての土地活用が可能になります。ちなみに、福井市の日照時間は全国平均の中ではそれほど上位に入るものではありませんが、土地価格が安いなどのメリットがあります。

公示価格から見る土地価格の推移とメリットについて

2016年度における福井市の公示価格は平均1平米当たり6万9,207円、前年度比では-0.49%の下落になっています。地価ランキングは1,732市町村中268位、上昇率ランキングにおいては479位などで、土地価格が安いなどの特徴を持ちます。不動産投資を行う上で、土地価格が安いエリアは、同じ予算であればより広い土地を購入する事が出来るなどのメリットを持ちます。建物については、設計や建築を行う工務店などに応じて金額が変わりますが、土地については公示価格がベースになるので、予算に合う物件を探しやすい、土地価格が安いエリアは、収益物件を手に入れやすいなどのメリットがあるわけです。さらに、市内の人口は減少傾向にあるものの、極端に人口が減少しているわけではありませんので、賃貸の部屋を探す人も少なくありませんし、大きな大学などが市内にあるのでワンルームなどの物件の需要が大きいなどの特徴もあります。

人が住む家と太陽光発電投資などに利用出来る土地物件

収益物件を探す時のポイントとして、アパートやマンションなどの賃貸物件を利用して投資を行うのか、それとも土地物件を購入した後、太陽光発電システムを導入して発電事業を行う投資を行うのかを決めておく必要があります。アパートの場合には一棟買いが一般的で、物件の中にはオーナーチェンジ物件もあります。オーナーチェンジ物件の場合には、入居者が居る状態で投資物件を購入する事になるので、物件購入後からすぐに家賃収入を得られるなどのメリットがあります。マンションの場合は一棟買いと一室だけを購入する収益物件があるのが特徴です。土地物件の場合には太陽光発電投資として利用出来る物件もあります。福井市の中でも日当たりが良い場所にある土地物件は、発電事業としても最適ではありますが、事前に発電シミュレーションを行うなどが大切です。