正しい避難方法

日頃から避難経路を確認しておき、準備しておきましょう。







rainbow

いざという時に備えて確実に行うべき生活の地震対策

日本は、非常に地震が多い特徴を持っています。この事実は避けられないものであり、現在の技術では地震の予知もできません。そのため、いつ何時襲ってくるかどうか分からない地震に対して、生命や財産を守るための確実な対策を行う事が必要です。日本のどこかでいつか地震に襲われるという可能性は高いため、日本に暮らす皆が、もしもの地震に備えておくことは非常に大切なことです。
こうした事情から、日本では地震対策のための多様な手段が講じられています。地震対策の方法を一つずつ着実に実践することによって、万が一大地震に見舞われたとしても、自分や家族、知り合いを守ることができます。もし地震に遭遇した場合には、地震が収まるまで身を守る事が重要です。地面が揺れている間にどのような行動を取るべきか、科学的に検証された方法に従って行動する必要があります。また、それをいざという時に必ず実践できるように、度重ねて練習する事が不可欠です。地震の時にこそ必要な行動を取ることができなければ、準備の意味がありません。
さらに、地震で命を守ることができたとしても、必ずしもすぐに救助の手が差し伸べられるわけではありません。生活が安定するまで、自分たちの手で生活を成り立たせる必要があります。そのため、防災グッズをあらかじめ用意しておく事が有効です。災害時に必要となる簡易の食料や水、ライトなどを防災カバンにまとめて入れておくことで、地震に遭遇した際にはすぐに持ち出す事が出来ます。こうした備えがあれば、生活を安定させるまでの間のつなぎとして、防災用途に道具が活かせます。災害時には、不便な生活は強いストレスとなって健康を損ないます。例え災害時とは言えども、出来るだけ快適な生活を送るよう心がけることが大切です。地震対策に役立つ防災グッズは、地震災害後の活動を大きく左右する重要なものです。
加えて、地震が町を襲った際の行動のため、避難場所を確認したり家族同士の連絡手段を決めることも有効です。各地域では、大地震で町が大きな災害に襲われた場合に、地域住人が集まるための避難場所が定められています。地域に定められた避難場所では、食料や水などの提供だけでなく、地震の被害状況や救援情報を知るための情報ステーションとして機能します。正しく迅速な情報が得られるということは、災害時に非常に心強いものです。また、家族で無事かどうかを確認できる手段で、家族のことを心配する負担を軽減できます。

登録無料!防災・危機管理専門のメルマガ配信中。BCPコンサルティングのご依頼も受付けております。災害時だからこそおいしい食事が必要なんです。災害時の備えに。サバイバルフーズやハンディライトなど防災関連の商品ならセイショップへ。首都直下地震への備えにサバイバルフーズ。1万円以上お買い求めで全国送料無料でお届けします。NASAが認めた本物の備蓄食。25年間保存可能な美味しいサバイバルフーズ販売中です。地震対策ならこちら